今年最後の釣りになると思います。

タイトルの通りですが、今回が今年最後の釣りになります。

今日は父と稲毛のヨットハーバーに行ってきました。

この釣り場、平日にもかかわらず
大勢の釣り人が集結していました。

狙う魚としてはワカサギのような
大きさの小さいシロギスです。

釣り人にはこのような大きさのシロギスを
「ピンギス」と言ったりします。

投げて、すぐにアタリが来ました。

上げてみると、かなり小さいシロギスが釣れました。
このようなピンギスが投げるたびにかかりました。

アタリの感触はありますが、引いたりはしません。

特に、難しい釣りではありません。

市販の仕掛けの針が大きいせいか
なかなか針がかりしないことがありました。

それでもぽつぽつとシロギスを釣りあげていきます。

周りの釣り師たちはサヨリを釣っているようでしたが
さっぱりでした。

小馬鹿にするように、いちゃもんを付けてきましたが
こちらは一切反応することなく淡々と釣り続けます。

2時間が経とうとしたところで
今年最後の釣りの納竿としました。

結果は、シロギスを二人で13匹釣ることができました。

来年は釣り場の新規開拓や、遠征。
をできればいいなと思います。

車の運転技術もそうですが、冬場の釣りは
寒く、堤防釣りも釣れる魚も限定するため

来年、春になるまでは釣りは
一時的にお休みにします。

今年は船釣り1回、一人で釣行も何度か
総じて言える事は、親と同行したときの
釣果が良いということです。

一つのジンクスのようですが
的を得ています。

一人でも何とか釣ることができればいいですが

誰かの支えがあれば釣ることが比較的容易だということです。

冬場はまた違った活動に精を出したいと思います。

では、また。