園芸日記(7月)

2017.07.07.19:09

7月に入って、ガーデニングシーズンもすっかり夏になってきました。
変化のあるものだけ、報告します。

食虫植物のハエトリソウは植え替えから
1カ月が経ちました。

どうやら、根付いたようで
今、このような状態です。
ハエトリソウ1カ月後
補虫葉が虫をとらえているようで枯れているものもありますけど
次々に新しい補虫葉ができてきているので
今のところは問題はないですね。


そして、食虫植物のサラセニアですが
今こんな感じです。
サラセニア7月1日
日に焼けたように赤くなっているものが多く
調べたところ、生理現象の為
問題はないということでした。

サラセニアの補虫能力はハエトリソウよりも上だと思います。
補注葉のふたから分泌される蜜の匂いに
あらゆる羽虫がおびき出されていきます。

食虫植物に関しては、
これからも腰水管理で行きますけど、暑さで
水がお湯になったりすると根腐れすることがあるので
一日に1回は水の入れ替えをしないとだめになってきます。

鉢に藻が付着するなど衛生上もよくないと思いますので
よく清潔にしておかなくてはならないです。

果樹も変化はないようですが
その中でも実がついたものがあります。

イチジクの実がつきました。
イチジク実付き始め
夏が来たなと思ったら、イチジクの実がついているのを
確認しました。水やりしっかりしないと
実付きが悪くなるようなのでこれから注意していきます。

オリーブの実が一つだけ付いていました。
オリーブの実
品種としてはネバディロ・ブランコが春先に花を咲かし
実をつけるかと思っていたら、一つだけですが
実がついているのを確認しました。
秋ごろにかけて、実を大きくしていって
晩秋には実を取ることができます。

受粉を虫任せにしてしまったところがあるので
来年は人工授粉をしようと思います。

ブルーベリーも青々とした葉を伸ばしています。
病気になったブルーベリーも薬を散布し、
枝を剪定したところ、復活してきました。

残念ながら、青シソとバジル各種は枯れてしまいました。
空梅雨だったので、水やりをしないと簡単に枯れてしまいますね。

あと、プランターのハーブですが
秋からは野菜に変えようと思います。

育てる作物はまだ検討中ですけども
書籍、ネットの情報で勉強中であります。

今持っているものをできるだけ活用して
作ってみようと考えています。

以上、7月のガーデニング日記でした。

では、また。

ハエトリソウの栽培。再挑戦

2017.06.04.10:46

今回、ハエトリソウの栽培をもう一度挑戦するにしました。
今度は干乾びさせないようにしっかりと対策を練りました。

①サラセニアと同じように深めの容器に水を張っておく
腰水を徹底すること。

②植え替え直後の直射日光は避けること
4週間は半日陰で管理する。

③水苔ではなく、砂利系の専用用土で
植え替えをしました。水持ちはいいようなので
安心かなと思います。

以上、水さえ切らさなければ、問題なく育ってくれると思いますので
しっかりと面倒を見ていきます。
ハエトリソウリベンジ

ガーデニング日和

2017.05.20.17:37

今日は趣味のガーデニングを楽しみました。

朝から夕方まで草花・ハーブ・食虫植物と接していました。

順を追って説明します。

午前中にハーブの収穫をしました。

シソ
青シソ170520

スイートバジル
スイートバジル170520

バジル原種系(タイバジル)
タイバジル170520

花も咲いていたので
写真に収めました。

ラベンダー(イングリッシュ系)
ラベンダーイングリッシュ系

ラベンダー(スパイカナナ{イングリッシュ系})
ラベンダースパイカナナ


いい頃合いになって
園芸シーズン一年の中で一番楽しい時期ですね。

収穫したハーブは調理しました。

「バジルペーストのパスタ」
バジルペーストのパスタ


午後からは花壇の花を植えることにしました。

マリーゴールド(アフリカ種)
アフリカンマリーゴールド

マリーゴールドでいっぱいの花壇
マリーゴールド花壇


ペチュニア
ペチュニア


鉢植えで、ひまわり(グットスマイル)
ミニひまわりグットスマイル


サラセニア新しく「ベノーサグリーン」を追加し、合計6品種に
サラセニア170520①


腰水管理の容器を簡易的な底面給水から
使わなくなった調理用のステンレスのバットに変えました。
サラセニア170520②

写真ばかりで申し訳ありません。
たくさんの草花、ハーブ、果樹、食虫植物すべて自分で管理しています。

夏場の水やりを怠るとしおれたり、枯れてダメになってしまう時期でもありますので
よく観察をして、水やりしていきたいと思います。

各種育て方も様々です。比較的育成が容易なものを選んでいるとはいえ
しっかりと面倒を見ていけば、植物たちも自分の期待に応えてくれます。

明日もお休みです。自分がしたいことをしていきたいですが。
暑いようなので熱中症には注意しましょう。

暑さに体が慣れていない時期ですからね。


では、また

食虫植物のサラセニアの栽培を始めました。

2017.05.06.19:27

昨日より、通販で購入したサラセニアを家で育てることになりました。
サラセニア

このサラセニアとはアメリカ北部原産の食虫植物です。

ハエトリソウが自力で虫をとらえるのに対して
このサラセニアは落とし穴式と言えばいいのでしょうか?

筒状の捕虫葉のふたの部分から
蜜を分泌して虫をおびき出し
内側に入り込んだ虫が
滑って下に落ちてしまい、消化液が入った底部で
虫の栄養を吸収してしまうという
とても合理性のある食虫植物です。

ハエトリソウの失敗があったので、何とかなるかなと思いましたが

失敗から学び、道具はどうしたらいいのか?

水の管理は?

強風で倒されてしまわないか?

など対策を検討中です。

日本の気候の暑さにも寒さにも対応できるので
一年中、戸外で管理できますが

あまりにも雨や風が強い時には
屋内に取り込もうと思います。

筒状の補虫葉が折れる危険性があるので
管理はしっかりとした方がいいでしょう。

置き場所も1週間様子を見て
明るい日向に移動しようかと思います。

ゴールデンウィークを自分なりに楽しむことができています。
明日も仕事がありますが、連休最終日を締めくくりたいですね。

では、また。

人気ナンバーワンのハーブを今年も植え付け

2017.04.23.19:04

今日も天気も良く、絶好のガーデニング日和でした。
今シーズン最後の植え付けになります。

今回植える苗は春から夏のハーブ人気ナンバー1の品種の
スイートバジル5本を寄せ植えに
キッチンバジル植え付け


日本古来からあるハーブのシソを3本を寄せ植え
シソ植え付け

そして、レタスバジル、ライムバジル、タイバジル
ホーリーバジル、レモンバジルというタイなどで栽培されている
多品種のバジルを1品種ずつ5本寄せ植えにしました。
多品種バジル植え付け

ハーブ用土は余っていたものをすべて使い切りましたし
それに寄せ植え鉢も使い古したものを再利用しました。
一年草なのでいいかなと思っています。

シソ科のハーブは香りがいいですね。
ほかのハーブたちも若葉を伸ばしたり
花芽が出ているものも多くあります。

これからが楽しい時期ですが
嫌な虫も出てくる時期でもあります。
早々に対策を練っていきたいと思います。

しっかりと管理していきます。
料理にたくさん使いたいと思います。

これで育てているハーブは
チャイブ、コモンタイム、ローズマリー
ラベンダー、ローマンカモミール、ローリエ
バジル、シソの8種類になりました。

クレソンですが、ここにきて生育が良くないので
残念ですが、倒してしまおうかと思います。(抜き取ってしまう)

ほか、ブルーベリーなどの果樹も旺盛に若葉を伸ばしていっています。

また逐一、報告できればと思います。

では、また。
プロフィール

ホープ

Author:ホープ
30歳男
22歳で統合失調症になり、現在家業の社員として働いています。
症状は他人の咳(咳払い)などが極度に気になる関係妄想、被害妄想。統合失調症の破瓜型と診断されています。

コメントのみ受け付けています。
管理人承認制となっております。

カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR